キッチンの水道・光熱費のちりつも節約10選

塵も積もれば山となるとかいてある紙
葵ちゃん
ここではキッチンでできる水光熱費節約術を紹介します。
みんこい
キッチンは基本的に毎日使うので、毎日続ければ効果は大きいですよ!
スポンサーリンク

電気ポットは使わないキッチンのちりつも

みんこい
我が家は電気ポットは使ってないよ!

炊飯器の保温はすぐにオフにするキッチンのちりつも

加熱時にはフタを使うキッチンのちりつも

圧力鍋を使うキッチンのちりつも

冷蔵庫内の冷気の流れを考えるキッチンのちりつも

冷蔵庫に食品を保存するときはレイアウトを意識します。

冷気の吹き出し口を塞がないようにするのはもちろん、いっぱいに詰め込むことはせず、冷気の通り道を確保します。

冷蔵庫は冷気がうまく巡らず、庫内一部の温度が高くなるとさらに冷気を出して庫内を冷やそうとするので電気代が余計にかかってしまいます。

冷凍庫内は隙間を作らないキッチンのちりつもキッチンのちりつも

冷凍庫は中のものが凍るとそれが保冷剤としても働き庫内の温度を保つのに活躍します。

そこで冷凍庫内はなるべく隙間を作らないように、物をいっぱいに詰めるようにしています。

ストックが減り隙間ができてきたときは、とっておいた保冷剤を詰めて隙間を埋めています。

洗い物が多いときは食器洗浄器を使うキッチンのちりつも

献立によって使う食器の数が変わります。

食器洗浄器を使ったほうが節水になるので食器洗浄器を使うようにしています。

我が家は朝食の食器も夕飯後まとめて洗っているため、電気代、水道代、洗剤も節約できます。

そのためには、5人~6人用の食器がたくさん入るタイプをオススメします。

電子レンジの庫内はその都度掃除するキッチンのちりつも

電子レンジは電磁波で対象物の分子を振動させて、その運動エネルギーで加熱しています。

電子レンジ庫内に温めたい食品以外のものがあると電磁波が分散してしまい、温め効率が落ちてしまいます。

飛び跳ねなどの電子レンジ庫内の汚れは都度拭くようにしています。

温かいうちに拭くとすぐに落ちるので、たいした手間ではありません。

フライパンや皿の汚れがひどいものは拭いてからあらうキッチンのちりつも

電子レンジ加熱はラップより専用のフタを使うキッチンのちりつも

まとめ

まとめ


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です