自動車保険の見直しをしよう!知らないと損をするポイント

自動車保険を見直す男性

子供が小さい時はワゴン車でしたが、現在は子供も独立しましたので、もうそんな大きな車は必要ないので軽自動車に乗っています。

しかし、車を運連するということは自動車保険に加入しなければなりません。そこで、この記事では自動車保険の見直しによる節約術をご紹介します。

スポンサーリンク

自動車保険とは

自動車保険は、自動車による事故の際に、発生した損害を保険会社が補償する保険のことです。

自動車保険には大きくわけて2つにわけられています。

一つ目は、自動車運転者には強制保険である「自賠責保険」への加入が義務付けられています。

しかし、自賠責では相手方の車や自分の損害については補償されません。

そして2つ目が「任意保険」です。

任意保険は、発生した損害を保険会社が補償する保険ですが、任意保険に加入するという方は多いです。

自動車保険の見直し

自動車保険は、補償内容や補償対象などによって保険料が大きく変わってきます。

自動車保険は自動更新ではなく、定期的に契約内容と補償内容を見直すことで節約につながります。

続いて、「いつ見直せばいいのか?」という具体的なタイミングについてですが、まずは車の利用目的を変更する時です。

自動車保険では、車をどのように利用するかが求められています。

保険料はおもに、業務使用が高く通勤通学が安く設定されています。

車の用途の変わった場合は、保険会社に連絡して自動車保険を見直すのがおすすめです。

また、運転者の加齢による見直しも重要です。

僕の息子も初めての時は中古車でしたが、任意保険料は年間20万円くらいかかりました。

まっ それだけ若者は事故を起しやすいということでしょう。

あと、高齢者も保険料は高く設定されています。

仮に所有している車を35歳以上の人しか運転しない場合、割引の恩恵を受けることがもできます。

このように、運転者の範囲が変化した時も見直しのタイミングとしておすすめです。

自動車保険の見直ポインントとしてもっとも重要となるのが、「どんな形式の商品と契約するのか」という点です

自動車保険には代理店を介して保険会社と契約をする「代理店保険」と呼ばれる商品と、インターネットや電話経由で直接契約をする「ダイレクト保険」と呼ばれる商品があります。

代理店保険では、担当者のアドバイスをもらいながら契約することができますが、サービス料や人件費などの手数料が上乗せされるため保険料が若干高くなります。

ただし、自動車保険以外の保険商品もまとめて手続きすることができる代理店などもあります。

ダイレクト保険は、店舗などのコストが発生していないため、その分保険料が安くなっています。

葵ちゃん
さまざまな保険をネットや一括見積りなどで比較し、しっかりと情報収集した上で自分に適した商品を選ぶことがポイントよ。

合わせて読みたい

 

自動車保険の見直しには補償内容を確認することも大切

保険の見直しをする前に、現在加入していた自動車保険はどのような補償内容であるか確認することは必須です。

自動車保険においては、最低限加入しておくべき基本の補償対象というものが4つあります。

まず、交通事故を起こしてしまった際の「対人賠償保険」です。数千万円にも及ぶ可能性がある交通事故による賠償を、個人で支払うというのは普通難しいところがあります。

ですので、対人賠償保険には必ず加入しておく必要があるわけです。対象が物になる「対物賠償保険」も同様です。

対象が自分や同乗者にもなる「搭乗者傷害保険」や、「人身傷害保険」なども契約しておくことが重要です。

交通事故の被害者になってしまった時に、示談がなかなかまとまらないというケースもあります。

こうした時にこれらの保険はとても大きな効果を発揮してくれます。

最低限加入しておくべき保険にプラスして「車両保険」いうのも確認が重要です

自分の自動車保険を対象にした保険ですが、支払われる保険金は車の市場価値に左右されます。



知らなきゃ損!便利な割引制度

みんこい
自動車保険にはさまざまな割引制度が用意されていまるんだ。

もっとも一般的な割引となっているのが、ダイレクト保険の「インターネット見積もり割引」です。

これは、オンラインで見積もりや契約が完了した場合は、割引を受けられるという制度です。

さらに、割引とセットで受けることもできる「早期割引」もあります。

その名の通り、早期に契約を完了し利用を開始すると割引される制度です。早期の日数や利用開始日というのはそれぞれの保険会社によって分かれています。

その他、被保険者がゴールド免許であった時に適用される「ゴールド免許割引」も一部の保険会社などで提供しています。

必ずしもゴールドである必要はなくでも、一定の割引が受けられますので予め各保険会社に確認しましょう。

まとめ

まとめ

今回は自動車保険について、見直すべきポイントや割引、節約術などを解説しました。

自動車保険の見直すべきタイミングは、利用者のライフスタイルや家環境などによって大きく違ってきます。

それで、自動車保険の見直しをして節約に役立ててください。



合わせて読みたい


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です